エンジニアの激務によるストレス

エンジニアというと、「毎日、遅くまで仕事をしている」という方が多いと思います。
「仕事をはじめてから、まともに休みを取れたことがない」という方もいるでしょう。
こういった方は、常に仕事に追われていることから、ストレスがどんどん大きくなっている方もいると思います。

ここでは、エンジニアの激務によるストレスについてご紹介します。
エンジニアの仕事をしている方の多くは、「元々、ITの仕事がしたかった」という方、「ITが好き」という方も多いと思います。
好きな仕事が出来るというのは、とても幸せなことです。
しかし、好きな仕事でも、食事を摂る時間がなかったり、睡眠時間を削らなければいけない環境となれば、「辛い」と感じる方もいるでしょう。
食事を摂らなければ、空腹で集中力が欠けてしまうでしょうし、睡眠不足では常に頭がさえない状態となってしまうでしょう。
こうなれば、悪循環により体調も崩してしまいますし、感情のコントロールも出来なくなってしまいます。
そうなってしまうと、仕事中にもちょっとしたことで怒ってしまったり、イライラしてしまうことになります。
これでは、スムーズな仕事も出来なくなってしまいますし、職場での人間関係の悪化にも繋がります。
激務の状態が続けば誰でもストレスは溜まってしまいます。

こんな時には、有効的に時間を使うことが大切。
時間、頭を切り替えて、「ここから10分は休憩しよう」「今日は、ここまで終わったら仕事は終了しよう」と環境を変えていくことも必要です。
このように、エンジニアの方は激務によりストレスを抱えている方が多いですから、上手に切り替えを行って仕事を進めましょう。
仕事も大切ですが、心身が健康であってこその仕事ですから、休むことも大切な仕事です。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト